養成校で取れる医療資格

難関とされる医大などの受験勉強をしなくても、医療の現場で医師以外の専門職であれば、厚生労働省の指定する専門の養成校で学び、その国家資格を得ることができる。
例えば看護師の場合は、看護養成校で3年学ぶことにより、晴れて看護師の資格試験を受けることができる。
また、準看護師の資格コースは、2年で卒業できるが、逆に準看護師から看護師にレベルアップするには、必要な経験年数と再び看護養成校に2年通わなければ受験できないので、今は初めから看護師を目差す方の方が多く、お勧めです。
いずれにしても、看護養成校を卒業すれば看護師の資格試験の合格率は90%と高く、よほど人気のある職場を望まなければ、看護養成校で看護師の資格を得ることに大学卒との大きな差異はないのかもしれない。
また、最近は転職し看護師を目差す方も多いが、男性の場合の看護師の職場は、オペ室や精神科など女性看護師に人気のない職場が中心で、例えばレントゲンやCTなどの検査を専門とする診療放射線技師ならば、男女の性の差別なく病院に勤務することが出来る。
この診療放射線技師の資格も、診療放射線技師養成所で学ぶことにより、大学に進学しなくても資格を取得することができる。
その他にも、手術後のリハビリなどを整体などの東洋医学による技術を用いてサポートする理学療法士の資格も、専門の養成校で取得できます。
しかし、残念なことにこの養成施設は、通信教育や夜間の学校がなく、今はインターネットによって情報を共有する時代だと言うのに、社会人からの転職の道がまったく開かれていない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です